SNS初心者の中高年でも始められるFacebook-想像以上に素晴らしい世界

Facebook

スポンサーリンク


40歳を超えた中高年が今更ながら【Facebook】を始めてみた。初めて約1週間になるが、この【Facebook】はSNS(Social Networking Service)の一つなのだが、他のSNSとは違い実名登録が義務づけられています。筆者もこれが嫌でした。「何故、実名で世界中の人に自分をさらけ出さないといけないんだ?」と心ながら思っていました。その為、どのようなものなのかをまず偽名を使って観てみたら、「公開範囲」をきちんと設定できるんですね。それを知ってから本名に変更して本格的に開始。しかし、一度偽名を使ったことで初めて4日目でアカウント停止されてしまいました。こんなことに合わない為に、これから始められる方が安心して実名で【Facebook】を始められるようにアドバイスをしたいと思います。

スポンサーリンク

【Facebook】の素晴らしい世界を体験しよう

始める前は怖いものとしか思っていなかった筆者ですが、始めてみたら凄い体験をさせて頂いております。筆者は小学5年生時に転校したのですが、30年以上前までの幼馴染と連絡をとることに成功しました。はっきり言って奇跡です。ここ何年もお会いしてなかった人との繋がりが広がっていきます。そして、その方々が今どのように生活しているか知ることができるのです。勿論、これはFacebook上でお互いが承認したときに知ることのできる情報となる訳です。殆どの方が完全公開はしておらず、きちんと友達のみに公開するような設定で運用されているのが実態です。だから、設定さえ間違えなければ何も怖くありません。むしろ知人との繋がりを一番感じることが出来るSNSであること間違いなしです。

興味を持たれた方は早速始めてみよう

  1. Facebookのページでアカウント作成してください。メールアドレス(gmailなどのフリーメールも可)があれば大丈夫です。電話番号は設定しなくても大丈夫です。しかし名前は実名ですが、ローマ字だけでもOKです。筆者に関しては電話番号の設定はせずローマ字のみです。ちょっとだけ「自分のみの公開」の設定で電話番号を設定したら、突然「知り合いかも?」に職場の人達が表示されたので、即電話番号消しました
  2. プロフィールを編集します。これに関してはどこまで設定するかは個人の自由です。筆者は学歴と顔が分かりずらい子供との古い写真を掲載しています。
  3. プライバシーやセキュリティの設定はきちんと把握して、自分に合った設定にしましょう。ここが一番肝心です。どこまで自分を公開していくのか?公開しなさ過ぎても自分を見つけてくれる人が減ります。筆者の場合は「友達の友達」にしてますが。
  4. Facebookをバリバリやっている知人がいれば、その人を探して友達になります。すると自然に「知り合いかも?」に知人が表示されるようになっていくので、繋がりを持ちたければ「友達になる」をクリックしていけば良いです。すると相手から承認が来れば、相手との交流が始まる訳です。
  5. 相手との交流は自分の投稿と交流相手の投稿へのコメントや「いいね!」をクリックしたりでどんどん交流しましょう。社会人になるとなかなか学生時代の友人と会う機会減りますよね。こういったSNSがあるのは有難いの一言です。

たったこれだけで【Facebook】できます。設定さえ間違えなければ安全に有意義に利用することができるはずです。

まとめ

同じSNSでも匿名可能な【Twitter】とは全く異なり、現実感(リアルな世界)があります。【Twitter】が現実感が無いといいう訳ではありません。【Twitter】はリアルタイムな情報拡散の凄さがあり、人との繋がりというよりも情報収集目的に行っている人が多いのに対して、【Facebook】は知人との繋がりを大切にしていくことを目的にしているサービスだと感じております。色々なSNSがありますが、今回紹介した【Facebook】はお勧めです。是非、まだやったことが無い方、これを機に始めてみては如何でしょうか?

くれぐれも筆者みたいに偽名を使ってお試しをするのはやめましょう。初めて軌道に乗り始めた時にアカウント停止をされる可能性があるので・・・。

 


スポンサーリンク

カテゴリーSNS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です