インターネットの世界を体験しよう!便利な利用方法のご紹介!

インターネット

スポンサーリンク

Pocket

今回はインターネット誕生に至る経緯とインターネットにより便利になったことについて書かせて貰います。現在のデジタル生活には欠かせないインターネットは一体どのようなものなのか?

というコトについて記事を作ってみました。

「インターネットとは何ぞや?」という方向けの記事となるのですが、Windows95以降の凄まじい勢いで成長してきたネット社会についてお話ししようと思います。

スポンサーリンク

インターネットへの偏移

現在のコンピュータネットワークはとても便利になりました。

その昔は音響カプラやモデムと言った機器をPCと接続し、パソコン通信へ接続し会員同士でコミュニケーションを行っていました。ところが今ではインターネットという世界共通のネットワークへ接続し、欲しい情報を簡単に手に入れたり、他人とのコミュニケーションを様々なツールを利用して行えるようになりました。

インターネットと言うとパソコンでするものというイメージが強かった時代もあります。しかし今では携帯電話の世界においてもインターネットメールが使える程度だったのが、スマートフォンでネットショッピングが行える時代となりました。また更にスマートフォンは進化しており将来的にはスマートフォンでマイナンバーカード等を管理する時代へ突入します。

こうなってくるとスマートフォンは社会活動を行う上でとても大切で当たり前のものとなり、インターネットと言うのは社会的に重要なインフラとなっているのです。

インターネットはもはや電気・水道等のインフラと変わらないところまできました。

情報の共有

このインターネットへの接続は環境さえ整備されていれば、携帯電話やスマートフォン、タブレット、パソコン等から行うことでき、クラウドサービスを利用すれば同一の情報を様々な機器から閲覧・編集できる環境も整っています。

正直、このクラウドサービスと言うのが便利極まりないモノになっています。確かに情報漏洩というリスクも裏ではあるのですが、インターネットに繋がっていれば何時でも何処でもデータを共有できる。

コレこそがインターネットを利用する最大のメリットと言っても過言ではありません。

現在ではリモートワークが急激に普及しており、会社員でも仕事を在宅で行う時代となってきました。これもインターネットが成長したからこそ出来ることであり、今後も更に進化していくものと考えられます。

ネットワーク環境

また、インターネットサービスが提供され始めた当初の通信速度はとても遅く、アナログ回線での接続でしたが、ISDN(ロクヨン・ロクヨン・イチニッパ)が提供され通信速度が64KB・128KBのデジタル回線になり、とてもインターネット快適になったことが懐かしいです。

その後、下り回線のみは速度が速いADSLのサービス提供が開始されました。そして現在では光回線となっています。光回線は提供しているサービスにより速度の違いはありますが、MB(メガバイト)単位です。ISDNのKB(キロバイト)単位の1,000倍の単位で回線速度が速くなっています。

これからはGB(ギガバイト)の速度が標準となっていくでしょう。

このようなネットワーク環境の変化が、現在の動画配信サイト(ユーチューブ等)の容量の大きな情報のやり取りが行えるようになった要因の一つとなっています。そして、Wifi(無線LAN)の環境もあり配線せずにインターネットに接続できる環境さえもあります。

インターネットの回線速度が速くなったことで、リモートワークなんかが職場にいるのと同じような感覚で業務遂行できる時代になったのではないかと思われます。

インターネットは重要な社会インフラとなったからこそ、国は携帯電話会社へ通信料金を下げるように指導しているのでしょう。電気・水道・ガスと同じですから。

インターネット環境を整備しよう

これだけ便利になったコンピュータネットワークを利用しないのは、デジタル生活をする上で利用しないのはとても勿体ないことです。

是非、インターネットへ接続できる環境を整備しましょう。

手っ取り早く現代人がインターネットを利用する方法はスマートフォンが良いのかもしれません。パソコンが無くてもインターネットが出来る時代ですから。

整備する環境はお金のかかることなので、利用頻度や利用目的を明確にして環境を整備することをお勧めいたします。インターネットに接続する方法としては色々な方法があるため、いくつかの方法について記事を提供していきたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です