WordPressのサイト表示速度改善で注意する点。ロリポップには通用しなかった速度改善プラグイン!

遅延

スポンサーリンク

Pocket

ここ最近、本サイトで本格的に速度改善に取組みしている。まずWordPressで速度改善を試みるのであれば、下記の記事を参考にして貰いたい。

この2つに関しては本サイトで利用している「ロリポップ!」での表示速度が改善されました

これ以外にも速度改善の為に試したことがある。しかし、その方法は効果が得られないどころか逆にサイト表示の遅延に繋がることが分かった。これは「ロリポップ!」に限ったことではなく、レンタルサーバーのスペック次第では他のレンタルサーバーにおいても起こり得ることと思われる。また、レンタルサーバーと言うよりも契約内容によっても違うかもしれません。

私が試した表示速度改善プラグインは有名なもので、他サイトで紹介されているものですが、「サーバー環境によっては速度改善どころか速度遅延に繋がる可能性もある」という事を知っておいてもらいたい。

スポンサーリンク

検証して効果が無かったプラグイン

先に伝えておきますが、プラグインの使い方によっては効果が得られるはずです。あくまでも私の環境では効果が得られなかったという事なので、これから紹介するプラグインが悪いものという事ではありません。そこら辺はご承知しておいてください。また、私と同じ見解をしているサイトも事実としてありました。少し非力なサーバーの場合ですと、プラグインによっては逆効果になることもあるということです。

速度改善に関しては、あくまでも「PageSpeed Insights」と「GTmetrix」で計測したものです。これって速度指標にはなりますが、これで数値が良いからと言って体感表示速度が高いとは限らないという事もご理解ください。

要は計測値が高いから良いサイトと言う訳でもないし、計測値が低いから悪いサイトという訳でもありません。あくまでも指標ということを忘れず、より良いサイトにするためのものだと思ってください。

「ロリポップ」で検証して効果の無かったプラグイン

【W3 Total Cache】

もしかしたら設定の仕方が悪かったのかもしれませんが、逆に計測値が悪くなりました。恐らくプラグイン本体自体が多くの事をしてくれることもあり、パワーがあるサーバーでないと効果が表れないのではないかと推測しています。有名なプラグインであることから実績はあり、多くの方が利用しているはずです。きっと利用環境や設定方法次第では大きな効果が得られるプラグインだと思います。

【 Head Cleaner】

これも有名なプラグインですね。ただ、これに関しては設定はそれ程難しいものではないので設定が悪かったとは考えずらいです。このプラグインも本サイトの環境においては計測値が悪くなりました。また、「Amazonアソシエイトウィジェット」に不具合が発生しました。このプラグインも有名で利用されている方多いと思いますが、恐らくこのプラグインを利用するよりも、子テーマのカスタマイズでHeadタグ内を整理した方が間違いないと感じました。このプラグインはWordPressの仕組みを知らずに利用されている方には丁度良いかもしれませんが、本来HTML出力に関しては開発者であればプラグインに頼らずやるべきことであるはずです。開発者でない方は不具合が出ないのであれば利用するべきプラグインですが、本サイトのように検証結果が良くなければ利用しなければ良いのです。

今回、本サイトが検証して結果が得られなかったプラグインは上記2つになります。恐らく似たようなプラグインを導入しても同じ結果が出ると思います。っと言う事で別の方法を今模索中!

まとめると

WordPress用の速度改善プラグインでも環境によっては改善どころか遅延になることもあり、その他の不具合が発生することもあるという事です。こればかりは実際に試してみないと分からないというのが実態だと思います。記事の量や画像の量によっても結果は違うと思いますので。場合によっては本サイトと同じ「ロリポップ!」でも結果が良くなるケースもあるかもしれません!

あくまでも本サイトでは「W3 Total Cache」と「Head Cleaner」の2つのプラグインにおいては効果を得ることが出来ませんでした。

これ「ロリポップ!」が悪いサーバーという事ではありませんからね!

むしろ「ロリポップ!」は初心者には運用しやすくコストパフォーマンスの高い良いレンタルサーバーです

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です