【レビュー】富士通 モバイルスキャナ 2年保証モデル(ブラック)ScanSnap iX100 FI-IX100A-P

ScanSnap-IX100A-P

スポンサーリンク

Pocket

デジタル化に一番苦戦するもの。

それは「」です。

子供達が学校から持ち帰ってくるプリント類、運動会のプログラム、賞状など様々ありますが、物凄く邪魔じゃないですか?

電子化に一番苦戦するものがそういった紙類なのです。レシートなんかもありますよね。本当ならスグに捨てたいんだけど、記録として一時的に取っておきたいもの。本当に厄介です。

そこで我が家が導入したものをご紹介いたします。

それは「富士通 モバイルスキャナ 2年保証モデル(ブラック)ScanSnap iX100 FI-IX100A-P」となります。

これハッキリ言って凄い便利です。コンパクトなスキャナーになります。これを導入してからと言うものの無駄な紙が減る様になりました。

スポンサーリンク

「富士通 ScanSnap iX100 FI-IX100A-P」について

まずこのスキャナのメリットを簡単に箇条書きいたします。

  • 非常にコンパクトで持ち運びが簡単です。
  • コンパクトですがA4までの大きさの紙に対応。
  • Wi-Fi対応スキャナです。これが一番便利かもしれません。
  • 読み込んだ紙画像はPDFにすることができるのですがスマホで操作可能です。これはあくまでWi-Fi利用時に限ります。この機能があることで気軽にスキャンできるのです。
  • Evernote等のサービスと連携しており、スキャンと同時に連携可能です。中にはレシート読取りで家計簿をつけてくれるサービスにも連携可能となっています。
  • Evernote連携に関しては画像としてではなく、認識可能なものは文字列として取込してくれます。(凄すぎです)
  • バッテリーが内臓されているので、充電されていればWi-Fiでケーブルすら繋ぐ必要がありません。

もっと詳細に書くと長くなりすぎるのでここら辺にしておきます。これが簡単な説明となります。

我が家での利用方法のご紹介

我が家の場合は「NAS」を導入していることもあり、スキャンしたものはそこへ保存しています。そうすると家庭内のネットワークに繋がっているパソコンやスマホ・タブレット等、スキャンしたものを家庭内で共有することができるのです。家庭以外でも共有したければ「Evernote」や「OneDrive」「GoogleDrive」等に保存すれば良いのです。

大切なお知らせの紙が紛失してしまった」とかいうトラブルが減ります。そしてスマホから簡単に保存してあるものが参照できるので便利以外なことはありません。

まとめると

紙の電子化はデジタル生活上、究極の課題です。今のところスキャンする以外の方法はないのですが、電子化してしまえば捨てられるものって一杯ありますよね。あとから参照できれば良いのですから。これ程、便利なツールありません。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です