パソコンで作業効率がアップさせる方法としてデュアルディスプレイ(2画面構成)があります!

デュアルディスプレイ(2画面構成)

スポンサーリンク

Pocket

多分、通常の方の仕事をする作業パソコンは1画面構成が通常だと思います。特別な職種の方を除いては。ただ、これを2画面構成(デュアルディスプレイ)にすると作業効率がとんでもなくアップする。一度この環境を経験してしまうと、1画面構成に戻ることが出来なくなる。

特に今はインターネットで調べ毎をしながら文章をつくるようなことありませんか?こういった場合にパソコンが2台でも良いのですが、画面が2つあると調べた内容を見ながら作業をすることが可能になる。

そんなの贅沢だ!!」っと言わない方が良い。

ちょっとした投資で作業効率がアップするなら人件費より安いはず

スポンサーリンク

デュアルディスプレイ(2画面構成)にするのは簡単です

例えばですがノートパソコンには外部出力端子が必ず付属しているはずです。それとモニターを利用すれば2画面構成での作業が可能になります。また最近のデスクトップパソコンは「D-Sub」が主流でしたが、この他にも「DVI」「HDMI」と言った3つの端子のうち2つの出力端子が付いて販売されているものがある。この場合はディスプレイを2つ用意すれば、デュアルディスプレイ(2画面構成)が実現可能です。

拘らなければPC用ディスプレイは安い

今、21インチくらいのモニタであれば安いものでは1万円ちょっと位で手に入れることが出来る。要は対応している端子さえ付いていれば良いのだ。こんな少しの投資で作業効率がアップするのであれば、安い買い物だと自分は思う。パソコンを2台用意するよりも、こういうデュアルディスプレイ(2画面構成)が可能であることを知っておいてもらいたい

知らなかった人でいるんではないですか?

もう一台画面があれば便利なのにな~っと思われる方。

ディトレーダーは画面が多ければ多いほど便利

ディトレードをしていると、様々な情報を一度に見えた方が有利である。わざわざ画面を切り替えている時間すら勿体ないと感じることがある。個人的には4画面欲しいと思っているのだが、今は2画面構成のPCと別のノートPC1台とタブレット・スマホを使ってディトレードに取組んでいる。そんなに使っていても、大きな画面が4画面ある方が便利だと感じている。

ディトレードの例は極端な例となってしまうが、多画面で作業するという事は多くの情報を一度に扱うことが出来るという事。

デュアルディスプレイの作業環境を整備してみよう

時は金なり」ではないが、作業効率が見込めることが一人1万ちょっとで可能になる。勿論、机の大きさが狭いために実現できない可能性もあるかもしれないが、物理的に可能であればデュアルディスプレイ(2画面構成)は最高の作業環境になるはずですよ。

今回はちょっとした環境整備で作業効率を変えることができるというお話でした。是非、良いな~っと思ってくれた方は実践してみて下さい。

【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です