デジタル一眼レフカメラについて

デジタル一眼レフカメラ

スポンサーリンク


「デジタル一眼レフカメラって必要なの?」これは賛否両論あると思いますが、筆者は必要だと感じています。我が家では記録よりも記憶を念頭にし、ビデオカメラの導入をつい最近まで行わずにいました。その為か、一番下の子供が小学校高学年になるまではビデオカメラの導入は行わず、デジタルカメラ撮影で済ませてきた経緯があります。それではデジタル一眼レフカメラについて少し記載したいと思う。

スポンサーリンク

デジタル一眼レフカメラが必要だと感じるケース

  • 写真が趣味で作品創りをする方
  • 保育園のお遊戯会などで比較的暗い部屋でフラッシュ撮影が出来ない場合
  • イベント時に子供を大きく撮影するために望遠ズームが必要な場合。(望遠ズームですが、保育園・幼稚園時の時は最低で200mm、小学生だと最低300mmのレンズが必要です。運動会なんかではCanonの白レンズ400mmを使用している方を見かけることもよくあります
  • 運動会でシャッター連写が必要な場合

特に子供のイベント時に大事なシーンを確実に撮影するには絶対必要です。筆者は初めて保育園のお遊戯会でコンパクトデジタルカメラで撮影した時、はっきり言って惨敗しました。まともな写真が撮影できなかったのです。そんなこともあり、もう15年前になりますが、Canonの「初代EOS Kissデジタル」とTAMRONの「28mm~200mmの望遠ズームレンズ」をカメラのキタムラ
で購入しました。店員さんがとても優しく色々な事を素人の筆者に教えてくれました。我が家にとってはとても高価な買い物でした。レンズにTAMRONを選んだのは、純正に比べ安かったからです。その当時のデジタル一眼レフカメラはとても高価で、現在の「EOS Kissデジタル」の機能に比べ低機能で800万画素しかなかったと記憶しています。今は低位モデルでも高機能で安価になっているため、とても羨ま しいです。

デジタル一眼レフカメラを導入した結果

その当時、コンパクトデジタルカメラで800万画素あるカメラはなく、連写が出来るようなものもありませんでした。それがこの「初代EOS Kissデジタル」ですが、まず連写に驚きました。(今の一眼レフカメラに比べるととても遅いですが・・・。)そして望遠したときのズームにも驚きました。買った当時は嬉しかったのか、長男が小さいこともあり毎日撮影していた記憶があります。望遠側で近くにいる子供にピントを合わせ撮影すると、風景がぼけて子供の顔が鮮明な写真になるのです。これには驚きました。写真素人の筆者がコンパクトデジタルカメラでは撮影できないような写真が撮影できるのです。また、保育園でのお遊戯会や運動会でも大活躍です。失敗作はあるものの、よく撮影できている写真がとても増えました。また、お遊戯会や運動会では全体像を撮影する場合は、普通のコンパクトデジタルカメラを使用したりと、一眼レフと使い分けして妻と共同で撮影していました。やはりコンパクトデジタルカメラでは限界があることが証明され、デジタル一眼レフカメラを導入して良かったことを覚えています。

そして初代Kissデジタル導入後に若干連写機能が不足していることを感じ、約3年後の2007年に1秒間で16連写を売りにしたCanonの「EOS 40D」という中級機が販売されそれを即購入してしまいました。勿論、カメラのキタムラ

で購入し、これは今でも筆者のメイン機です。

どんなデジタル一眼レフカメラを選べば良いの?

はっきり言って素人の私には高級機と入門機の違いが良くわかりません。今のデジタル一眼レフカメラは入門機でもデジタルカメラ普及時に比べて高機能となっており、作品創りや厳しい環境で撮影する必要がある方以外は入門機から中級機を購入すれば良いのではないかと思います。一番大事なのはメーカー選びなのではないかと思います。一眼レフカメラはレンズを目的に合わせ使い分けするため、使用していくにつれてレンズが目的に合わせたレンズが欲しくなり購入してしまいます。そのレンズが資産となっていく訳ですが、Nikon用のレンズはCanonの一眼レフカメラにはそのままでは取り付けができません。勿論アダプター等を使用して利用できないわけではないのですが、本来の機能が発揮できない可能性があります。恐らく、最初に購入した一眼レフカメラのメーカーでレンズを取り揃えていくことになりますので、一眼レフカメラのメーカーだけはきちんと決めましょう。筆者はなんだかんだ言って、レンズが4本所有しています。きっと、人によってはもっと多くのレンズを所有していると思いますが・・・。筆者はCanonを選びましたが、これに関しては個々の自由ですよ。自分が良いと思ったものを購入すれば良いのです。

購入時に気をつけること

デジタル一眼レフカメラは高価なものです。特に筆者みたいな素人は必ず実機を触り、目的にあったカメラとレンズ選びしましょう。実際に触って撮影してみないとわかりません。カメラ自体は重さも違うし大きさも違います。構えやすいかどうか?レンズは望遠ズームであれば必要な望遠ができるかどうか?このようなことを実際に組み合わせて触ることができるのはカメラのキタムラ

のようなカメラ屋さんやある程度品揃えしてある電気屋だと思います。店員さんとよく相談し、カメラ選びをしましょう。店員さんと話していると色々な事を教えてくれますよ。また、写真雑誌なんかでは最新機種の比較特集みたいなことも記載されているので、そのようなものを参考にするのも良いかと思います。

あと保証ですが、人によるとは思いますが、高価なものなので保証期間延長サービスなるものがあれば付与しておいた方が良いと思います。筆者は「EOS 40D」の時にシャッター音がおかしいということで交換して貰った経緯があります。

コンパクトデジタルカメラには保証延長は付与しませんが・・・。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です