SIMフリーについて-通信料を少しでも安くしたいユーザー必見

SIM

スポンサーリンク


筆者もガラケー+SIM対応タブレットを使用していた時代にIIJmio(1か月980円のサービスでした)と契約し、SIMカードをNEXUS7へ使用していた。約3年位使用していただろうか。このSIMフリーであるが、各接続会社がdocomo等なキャリア大手接続会社より回線を借りて、ユーザーに安い価格で今の携帯電話(スマートフォン・タブレット)ができる電話サービスやパケット通信を可能にしているのである。キャリア大手側からすれば、大規模投資をしてまで整備した回線が有効利用できないと困るため、空いている回線を各会社に提供し、回線使用料を受取れるためメリットがある。また、IIJmioのようなSIMフリーを提供している会社にしてみれば、回線借用料で済むので、大規模投資して回線投資をせずにユーザにサービス提供することが出来る。キャリア大手にしてもSIMフリー提供会社にしてもお互いメリットがある。総務省も携帯料金を値下げさせるため、SIMフリー提供会社へ大手キャリア各社が回線借用させるように働きかけを行っている。

今のガラケー・スマートフォン・タブレット等が携帯電話回線を利用して通信を行うには「SIMカード」というものが必要なのです。これを3大キャリア会社(docomo・au・SoftBank)以外の会社より提供されている「SIMカード」を利用できることを「SIMフリー」と言っています。また総務省ではSIMカードを統一して、持っているスマートフォンがどこの会社へ移行しても利用できるように促しています

スポンサーリンク

なんでSIMフリーの方が安く済むのか?

これは筆者も納得できません。確かに大規模投資を必要せずにサービス提供できるSIMフリーサービス提供会社は有利なのかもしれませんが、実は今まで3大キャリアメーカー(docomo・au・SoftBank)の料金が高すぎたのではないでしょうか?理由はいくつかあると思います。

  • ユーザー争奪が激しすぎた(MNPによるキャリア移行推奨金の行き過ぎた競争)
  • 携帯電話(スマートフォン)本体自体の価格が一体化した価格体制(2年縛りによる本体化価格の値引き)
  • その他キャンペーンによる行き過ぎた推奨金

3大キャリアメーカーはこのようなことを今までやり過ぎたため、総務省より指導が入った訳ですが、本来は通信費と携帯本体は別々に販売するのが筋なのではないかと思います。それが一体販売されているために本来の通信費が不明になっているのが事実なのです。逆に一体販売をしないと都合の悪いことも発生します。スマートフォンの買い替え需要が減少するからでしょう。純粋に通信費のみを提供しているSIMカードのみを提供しているMVNOと言われている会社となります。だから安いのです。MVNOでも本体を付与して安く提供しているケースもありますが。

同じ大手キャリアで同じ機種を長く使用してきた人にとっては一番恩恵を受けていない仕組みとなっていたのです

こんなのっておかしくないですか?

恐らく2年に1度、キャリア移行している人が一番得していたのでしょう

結局SIMフリーにした方が良いの?

キャリアメールに拘りがなく、携帯で長電話をしない人でネット接続メインの人にとってはメリットがでかいのではないでしょうか?

また筆者が利用していたようにタブレット用にはSIMフリーを利用するのはメリットが大きいと思います。今、SIMフリー業界も価格競争が激しくなってきており、メイン機種もSIMフリーへ移行してしまうユーザーも出てきています。これはとても良いことだと思います。この流れが続いてくれれば、3大キャリアメーカーも価格競争に巻き込まれることになるでしょう。既に巻き込まれつつありますが・・・。

また、安易にSIMフリーへの変更はお勧めしません。ある程度SIMの仕組みについて理解している方でないと、トラブルになる可能性があります。筆者に関してはサブ機等への使用に関してはとても良いのではないかと考えます。また、これからスマートフォンを持つ中学生・高校生などは検討する価値はあるのかなと思います。

筆者が利用したSIMについて

タブレットに筆者は IIJmioを利用していました。月980円で高速通信2GBのパケット契約だったのではないかと記憶しています。高速通信2GBを超えると100KBの通信速度となる仕様で、通常の場合でもアプリから高速通信をするかしないかを選択できました。高速通信ではYouTubeは勿論、ネットはサクサク動作します。さて100KBの通信速度だとどうなの?疑問に思いませんか?メールをする程度は問題ありません。またYahooのトップページ表示も少し遅いですが問題なく表示されます。そしてGoogleMapのナビゲーションもこの通信速度で可能でした。しかし、YouTube等の動画サイトは無理でした。よ~く考えてみてください。100KBってISDNの64KBより早いんですよ。よっぽど大きい容量のものを閲覧しない限りは結構使えますよ。だから安く済ませたいのであれば小容量のパケットプランでも問題なく使用できました。使用している間は何も問題もなく、他会社に比べ安かったこともあり、IIJmioはお勧めなのかもしれません。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です