写真の生データ「RAW」で撮影し現像処理をしてみよう。本物の作品創りが可能です!

フィルム

スポンサーリンク

Pocket

一眼レフカメラのメリットとして生データ撮影「RAW」データ画像で撮影することが可能だ。一眼レフカメラでなくてもリコーのGR-Digitalシリーズなんかも、この「RAW」データ撮影が可能です。

この「RAW」データですが、何がメリットかと言いますと、現像処理を自分で行います。これはフィルムの時代にも写真で作品創りをする人は自分で現像処理をしていたように、今はデジタルで簡単に現像処理を行うことができます

この現像処理によって同じ写真が全く別物の写真に変化させることが可能です。デジタルだから可能になったと言うよりも、フィルムの時代から行われていました。一番簡単な例ですと青空の写真ですね。青さを強調する鮮明な写真見たことありませんか?

どうすればあんな写真が撮影できるんだろう?って思ったことありませんか?

あれは撮影自体も大切なのですが、現像処理がもっと大切です。通常ですと「JPEG」で画像撮影していると思うのですが、「RAW」モードで撮影すると、そう言った写真を創ることが可能になります。どちらかと言うと作品創りやプロの写真家の為にあると言っても過言ではありません。「JPEG」を加工しようとすると不自然な画像になりますが、「RAW」は「JPEG」にする前のデータとなるため、加工しても綺麗な写真に仕上がります

ただ、「RAW」データの弱点は画像サイズが大きいという事です。余りにも大きいために扱いずらいデータとなります。だからコンパクトデジタルカメラには標準で「RAW」撮影モードがありません。

スポンサーリンク

一眼レフカメラ本来の楽しみ方を味わってみよう!

一度でいいから「RAW」データで撮影したものを現像処理してみて下さい。一眼レフ本来の写真の楽しみ方が出来ますよ。プロの写真家になった気分が味わえます。どこのメーカーでも「RAW」データの現像処理用ソフトが無償提供されています。この「RAW」データですが規格が統一されていません。メーカーによって微妙に違うんですね。だからメーカー製のソフトを利用するのが一番良いと思います。

一度利用するとビックリしますよ。同じ写真なのかと思うぐらい修正可能です。だからプロの写真家の方は現像に利用する設定を撮影対象物によって使い分けしているハズです。人の場合、景色の場合とかいう感じで。

この「RAW」データ撮影し現像処理までを行って、初めて写真が趣味と言えるのではないと思う位、現像処理の大切さがわかります。

写真が趣味の方、是非試してみて下さい!

現像処理までが写真であり作品となります。撮影から現像までが技術です。プロの写真家はそれでお金を頂いている。アマチュアでも本当に写真を愛している方で現像処理をしたことが無い方がいましたら、是非やってみて下さい。多分、写真に対する価値観が変わりますよ

何でもデジタルの時代です。写真もスマホ・携帯で撮影する時代ですが、一眼レフカメラを持っているのであれば尚更、現像処理も楽しんでみましょう!

デジタルって便利だな!

簡単にやり直しができる。フィルムの時代の現像は大変だったんだろうな

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です