パソコン用スピーカーの安物はそれなりです。価格と比例する出力の大きさで音質が全く別物です!!

スピーカー

スポンサーリンク

Pocket


今回、自作パソコン設置様に電源を必要としないUSBタイプのスピーカーを購入した。購入した商品は、「【2009年モデル】エレコム スピーカー USB 0.5W ブラック MS-UP201BK」なのですが、とても小さくて、USBと入力端子をPCへ接続するだけなので、とてもお手軽なスピーカーです。ただ音を出したいだけであればこれで十分です。

しかし、これで音楽を楽しみたい方には正直お勧めは出来ないですね。価格も1000円以下で購入することができるスピーカーで作りもプラスチックということもありチープな感じは否定できません。やはり音質を重視される方であれば、0.5Wでは完全に不十分と感じます。

スポンサーリンク

音質が完全にデジタルな感じがする

音に拘らない人であれば十分なのだが、音質が電子音に感じてしまうのだ。臨場感が全く感じられない。音楽を本気で聞くには少し不十分な感じが否めない。もう一つ持っているPC用のスピーカー「【1900年モデル】ELECOM MS-75CH マルチメディアスピーカシステム」に近いものだと、もう少し良い音がでます。詳細は「デジタルで音楽を楽しむには必須アイテム、パソコンにスピーカーを接続すると全く音量・音質が違う!!」を参考にしてみて下さい。

このクラスのスピーカーになると電源が別に必要になる為、出力が大きくなるため、ボリュームを上げた時に音割れしません。またスピーカー本体そのものが大きいので音が綺麗に出力されます。やはり音に拘るのであれば、良いスピーカーの方が良いです。

理想的な出力形態は

やはり以前にご紹介した「ONKYO ネットワークCDレシーバー ハイレゾ音源対応 シルバー CR-N765(S) 【国内正規品】」である。PCにある音源をミニコンポで再生するのが一番良い!!

これに関しては「【レビュー】ONKYO(オンキョー) ネットワークCDレシーバー ハイレゾ音源対応ミニコンポ CR-N765」の記事を参考にしてみて下さい。個人的にはデジタル音源においては、これが一番最強な音楽の楽しみ方だと思っています。確かにパソコン用のスピーカーにBOSSのスピーカーとか売っているんですが、数万円するんですよね。このミニコンポと価格殆ど変わりません。

あくまでも個人的な意見なので、何とも言えませんが「ONKYO ネットワークCDレシーバー ハイレゾ音源対応 シルバー CR-N765(S) 【国内正規品】」の導入が一番コストパフォーマンスが高いデジタル音源の楽しみ方ではないかと思っています。

 

【A8.netに登録しよう!】
◇ 広告主数・アフィリエイトサービス数日本最大級☆
◇ 登録はもちろん無料、審査なしのアフィリエイトサービス☆
◇ 使いやすいサイトNO.1
アフィリエイトならA8.net

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です