パソコン選び(ハードスペック・CPU・メモリ・HDD編)

パソコンハードウェア

スポンサーリンク

Pocket

仕事の関係上、良くパソコンの購入について相談されることがあります。Windows95が販売された当時に比べ今のパソコンは高性能となっており、Word、Excel等の文書作成やデジカメ画像の保存等にしか使用しないのであれば、ハードスペックはそれ程気にすることはありません。使用目的を明確にしてマシン選びをしましょう。

スポンサーリンク

最低限必要なハードスペック

これから記載する内容については一般的なパソコン使用を目的としているため、ネットゲームや動画編集等のマシンパワーが必要でコンマ1秒を大切にするようなことを使用目的にする場合は当てはまらないのでご了承ください。

CPU

CPUスペックは気にする必要はそれ程ありません。正直、現在販売されているパソコンでWord、Excelが動作しないようなCPUを搭載していることはありません。また、IntelのCPUを主として色々な種類がありますが、特に気にする必要はありませんよ

メモリ

メモリに関して言えば、現在はWindows10で64ビットが主流となっているため、8GB以上をお勧めいたします。標準搭載は4GBが多いと思うのですが、これに関しては余裕があるのであれば8GB以上をお勧めいたします。ビデオ動画を少しばかり編集したりするような場合には特に必要となります。

HDD(hard disk drive)

HDDの容量に関してですが、昔のパソコンにはHDDが付いてなくフロッピーディスクから読み込みをしてソフトウェアを動作させていました。それが今では500GBは当たり前、2TB位のHDDが標準装備されているものまであります。さてどれ位の容量がいいの?

普通の方はこの容量が大きい方が勿論良いと考えがちですが、これも人それぞれです。例えば1000画素で撮影した写真は1枚で約2.5MB程のJPEG画像となります。もし250GB余裕のあるHDDに保存した場合、(250×1,000)MB/2.5MB=100,000枚となります。10万枚ですよ。写真が趣味の方ならわからなくもないですが、一般の方でこんなに撮影している人いますか?自分がどの程度しようするかを考えて容量を選びましょう。もし不足した場合は外付けのHDDにでも保存すれば良いのですよ。

SSD(Solid State Drive)

現在ではHDDに代わるものとして、SSDというものが出てきています。これは簡単に言うとUSBメモリみたいなハードディスクで電気信号のみでデータの読み書きを行います。それに比べHDDは内部のディスクをモーターによって回転させてディスクへの読み書きを行っています。このSSDとHDDのメリットデメリットを記載すると。

【SSD】

  • 速度が速く、長期間に渡り速度が衰えることがない。
  • 容量はHDDに比べ小さく、高価である。

【HDD】

  • SSDに比べ容量が大きく、安価である。
  • 使用するにつれてモーターの速度が落ちていき、約半年で速度が遅くなることを実感し始める。

この二つの記憶装置を上手く使い分けることが、今現在では一番良い方法ではないかと考えております。OS(オペレーションシステム・WindowsやiOS)やソフトウェアを動作させるディスクに関しましてはSSDをお勧めします。容量は少ないものの、パソコンの動作を長期に渡りサクサクにしてくれます。以前まで主流であったHDDは容量は大きいものの、半年もするとパソコンが遅くなってきたということを経験したことはありませんか?この原因は以前までのHDDは内部のディスクをモーターによって回転させてディスクへの書き込み/読み込みを行っていたのですが、このモーターの動力が遅くなるためにパソコンが遅くなってきていたのです。「色々なファイルを保存しすぎているせいで遅くなっている」と勘違いしている方々と良くお話をするのですが、実はそうではありません。HDDの仕組みの問題だったのです。Word・Excel文書やデジカメ画像(1万枚)程度で現在のパソコンで容量不足となることはありません。

私の場合はSSDにはWindowsやソフトウェアをインストールしておき、作成したデータは通常のHDDを増設し、そこへ保存するようにしております。Windows上のデスクトップやMyDocumentといった場所に保存するようなことは基本的にはしないようにしています。

CドライブはSSD、DドライブはHDD

この組み合わせが最高に良いと思っております。

まとめ

通常の使用目的であれば、CPUとメモリについてはそれほど気にしなくても大丈夫ですよ。私に質問に来られた方には上記の通りにいつも説明させて頂いています。かなりの人数がいる職場のため、月に何回か購入にあたりアドバイスを求められることがありますが、皆様何故かCPU・メモリのスペックはどうしたら良いのかという相談が良くあります。

なるべく安く購入するには妥協も必要です。パソコンの進化は物凄い勢いです。半年したら古いモデルとなり安く購入できるチャンスでもあります。使用目的を明確にして、マシンスペックがどの程度必要かを判断しましょう。ちなみに私はWindowsVistaが発売された当時のデスクトップパソコンをWindows8が出たタイミングでアップデート版を購入しアップデート。今はマイクロソフトが勝手にWindows10にアップデートしてくれたため、パソコンのハード的には10年ものとなっています。それでも元気に動作してくれています。勿論、途中でメモリ等の増設などは行っていますが。

少しでも安くパソコンを購入するには、ハイスペックにこだわることはしない方が良いですよ。

Pocket

スポンサーリンク