情報はお金なり。WordPressで情報発信をしよう

Wordress

スポンサーリンク


情報をお金にしませんか?

約15年前位でしょうか、「Amebaーblog」というものをやっていました。その当時、筆者のブログはあるカテゴリにおいてランキング上位に入る程、頑張ってブログに励んでいました。勿論ですが、そのカテゴリにおいての知識の勉強はしました。そのブログで少しばかりアフィリエイト的なものも実践すると、少しばかりのお小遣い稼ぎも出来た。その時感じたことは「情報」=「お金に値する価値」という認識が芽生えた。これは、「ドメインを持ち、正式にサイト運営をするべきではないか?」と考え、「MovableType」というツールを使用して運営てみたが甘かった。約1年で「Amebaーblog」も「独自サイト」も閉鎖し、ブログ運営から解放された。「Ameba-blog」みたいたSNSサイトは他会員との繋がりがされ易いため、少しの努力でブログにアクセスしてくれる人が増加する傾向にあるんですね。しかし、独自サイトはGoogle等の検索サイトのキーワード検索で上位表示されないとアクセス増加はされないです。その難しさに挫折し、それ以降ブログからは完全撤退いたしました。しかし久しぶりにサイト運営に興味を持出し、思い切って再度チャレンジすることを決心しました。今回は「WordPress」を使用しての運営となります。筆者がWordPressでポイントとなったことを「WordPress」カテゴリで記載していきたいと思います。

スポンサーリンク

WordPressを利用するにはどうすれば良いのか?

WordPressは無料で利用できるツールです。以前のようにHTMLを駆使しながらページを作成していくということから解放されます。勿論、HTML・CSSと言った言語を全く知らない訳にはいきませんが、一度デザインが完成してしまえば、誰でも簡単にサイト更新していける仕組みとなっている自由度の高いツールです。しかし、コンピューターアレルギーのある方には少しばかり敷居は高いですが、細かいことに拘らなければ簡単にサイト作成が可能です。自由度の高いツールだからこそ、今現在では「WordPress」を使用してサイト運営している方が非常に多いです。それではどうすれば良いか?ここから記載します。

まずは独自ドメインとレンタルサーバーの契約をしよう

独自ドメイン(○○○○.com みたいの)取得とサーバーレンタルがセットで提供されているようなケースもございますが、レンタルサーバーを将来的に変更したりしたりするケースがある場合は、別々に契約しておく必要があります。契約の順番は決まっていませんが、筆者の場合は同一日に独自ドメインとレンタルサーバーの契約をいたしました。特にレンタルサーバーに関してはWordPressが使用できる環境であることが条件になります。今は殆どが対応しているかとはおもいますが、契約内容によっては制限事項があったりもしますので要注意です。

筆者が今回利用しお勧めのものは次となります。

  • 独自ドメインについてはムームードメイン
    となります。ドメインにもよりますがとにかく安いです。
  • レンタルサーバーはロリポップ!
    を使用しています。こちらも安価で簡単にWordPressを利用できることを売りにしています。

ムームードメイン
ロリポップ!
は同一の会社が運営している為、連携がスムーズです。初めてサイト運営される方には一番簡単に始められる組み合わせではないかと思います。

契約が終わったら早速始めてみよう。

  1. レンタルサーバーへ独自ドメインの設定を行う。
  2. WordPressのインストールをする。ロリポップ!
    にはWordPressの簡単インストール機能があります。筆者もこんなに簡単で良いの?って位にあっけなくインストール完了です。
  3. WebよりWordPressログインサイトへログインし、既にインストールされているテーマ(筆者は「twentyseventeen」を選択)やサイトタイトル等を入力しテスト投稿をしてみてください。
  4. 実際にWebを閲覧してみると、テスト投稿したものが表示されているはずです。

たったこれだけで完了です

あとは細かいサイトデザインやカテゴリー分類、使用するプラグインなど、どのようにWordPressで情報発信する際に表現していくかを設定していくこととなります。とりあえず今回は導入編ということで、一番最初に何をしたら良いのか?を記載させていただきました。次回からのWordPressの記事はもう少し突っ込んだお話ができたらと思います。






スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です