Windows10にして困ったメール機能「Windows Live Mail」がない!

電子メール

スポンサーリンク

Pocket

Windows10からの話ではないのですが、最近パソコンを買い替えしてメール機能を利用しようとしたら「Windows Live Mail」がない事に悩まれている方が多いのではないかと推測しています。

実はMicrosoftは「Windows Live Mail」を含む「Windows Essentials 2012 スイート」のサポートを2017年1 月10 日に終了してしまいました。

この「Windows Essentials 2012 スイート」ですが「Windowsムービーメーカー」も含まれていた貴重なソフトウェアだったのですが、何故だか知りませんがサポート打ち切りには衝撃を受けた方が結構いるのではないかと推測しています。

裏サイトでダウンロードできるようなサイトがあるのも事実ですが、マイクロソフトがサポート終了したソフトウェアを利用するのはおススメ致しません。

特に「Windows Live Mail」に関して言うのであればセキュリティ対応の限界が一番の要因であるようです。

スポンサーリンク

Windows10でメールを受信するには?

「Windows Live Mail」を利用されていた方にとっては「Windows10標準メール」はハッキリ言って使い勝手が悪いとしか言いようがない代物です。

何故Microsoftは画面(GUI「Graphic User Interface」)を変えてまでこんなことをしたのだろうか?

と疑問しかありません。使いなれた画面ではなくなってしまった「Windows10標準メール」はクラウドを意識した作りとなっています。ハッキリ言って画面を変えなくても作れたんじゃないの?と言いたいところです。

Microsoftは「POP」を使用してメール受信すること自体を辞めさせようとしているんではないかと感じています。メールはネット上のサーバーに置いておき、モバイルからでもパソコンからでもメールを見れる環境の整備をしているんですかね。あとはユーザーにMicrosoftアカウントを作らせ「Outlook.com」を利用させたいのでしょう。

Googleに独占されているネットサービスで挽回したいのが見え見えのやり方ですね。一般のユーザーは騙さてもコンピューターに詳しい方は騙せません。

Windows8の失敗がココにもあるような気がしてなりません。しかしセキュリティ面を考慮すれば、サポート終了した「Windows Live Mail」は危険極まりないモノです。だから利用するのは辞めましょう!

「Microsoft Office Outlook」が一番使いやすい!

もし「Microsoft Office」を購入し「Outlook」があるのであれば、ソレを利用するのが一番今までに近い使い勝手だと思います。

このケースですと「Windows Live Mail」で蓄積されていた過去のデータ移行もスムーズであり、一番現実的なメーラーではないかと思われます。

元々コレを利用されていた方もいるかと思いますが、コレはライセンス料が必要になるソフトウェアです。「Microsoft Office」のどのエディションを利用するかで料金も変わってくるので、もし「Outlook」が入っているのであれば間違いなく一押しです!

Microsoftに拘らなければ「Thunderbird」もあります!

その昔、「NetScapeNavigator」というブラウザが有料販売されていました。Microsoftが「InternetExplorer」を入れた状態でWindowsを販売した為にいつの間にか消えてしまいました。当時、独禁法に違反しているんではないかと米国では問題になったこともあります。

その「NetScapeNavigator」の血を引いた「FireFox」を提供している「Mozilla」が提供するメーラーが「Thunderbird」になります。

このメーラーを好んで使われる方は結構います。意外と利用者が多いのでセキュリティ面もMicrosoft標準メールと遜色ないモノであるのではないかと思っております。

Windows10標準メールを使いたくない。使いずらいという方が無料で利用するメーラーとしては一番おススメ出来るメーラーとなります。

Windows10標準メール機能を利用する!

上記の2つに当てはまらない場合は「Windows10標準メール」を利用することをおススメ致します。この場合ですが、過去のメールデータ移行にはクラウドを通して移行する必要があります。

このデータ移行が一番面倒かもしれません。

これを機に過去のメール全て削除するのが良いんじゃないかな?

アカウント設定に関して言えば、今までと変わりはありませんので安心して良いかと思います。ただ、今はクラウド時代です。「Windows10標準メール」の使い勝手が悪いのは仕方がないのですが、良い機会なのでPOPでの受信を辞めるというのも一つの選択肢だと思います。

他にもメールソフトは有ります!

ココで紹介したメールソフト以外にもメーラーと呼ばれるものはあるのですが、Windows環境で利用するソフトウェアにおいてはセキュリティ面を考慮して導入する必要があります。

適度な頻度で更新されないメールソフトの導入はおススメ致しません。メール機能はセキュリティ面において万全な対応が出来ている状態のモノが好ましいです。その為、メールソフトが適度に更新される仕組みがないものに関しては使わない方が良いです。

恐らくウィルス対策ソフトも上記で紹介したメールソフトに関しては有名であるためキチンと対応しているモノが殆どかと思います。得体のしれないメールソフトの導入はしない方が賢い選択です。

クラウド時代のメール利用方法!

今まで「Windows Live Mail」を利用していた方にとっては、メールソフトの変更は大きな点です。しかしコレを機にメールをクラウドで利用することを検討してみてはいかがでしょうか?

ハッキリ言って便利です!

私はWindows8になった時にPOP受信を辞めました。IMAPを利用しています。今は何処のプロバイダでもメール容量がGB単位で与えられているのではないでしょうか?

だから私は20年以上利用しているメールアドレスに届くメールはプロバイダのサーバーに置きっぱなしです。GMailやYahooメールなんかもクラウドです。

スマートフォンでメール参照する方が便利です!

プロバイダから割り当てされているメールアドレスは20年以上利用しており、迷惑メールやフィッシング詐欺メールも多いのですが、私はiPhoneで全てメール確認しています。

パソコンのメールはパソコンで見る時代ではない!

今はスマートフォンで見る方が利便性が良いです。メールを作成する時だけパソコンを利用する位の方が丁度良いです。

パソコンを起動しないと見れないのって不便ではありませんか?

パソコンでもスマートフォンでも見れるようにするにはサーバーにメールを置きっぱなしにするIMAPが都合が良い。不要なメールはどんどん削除です。

POP受信の時代は終焉を迎えています!

確かに機密事項のメールをネットのサーバー上に置きっぱなしにしておくのは如何なものなのか?という問題もあります。

ただ思うのですが、POP受信するまではネットのサーバー上にメールが存在しているのも事実です。結局同じじゃないですか?

ただ機密メールがサーバー上に置かれている時間が違うというだけ!

他人に読まれてはいけないメールは削除すべき。POP受信はインターネット普及期においては当然のように利用されていたメール受信方法ですが、今のクラウド時代にはマッチしないメール受信方法なのです。

POP受信を辞めれば便利というメリット

POP受信を辞めて不便になるというコトは基本的にありません。端末を変更した時にメールデータを移行しなくてはいけないというようなコトもなくなり、複数の端末から同じメールを閲覧することが出来ます!

このメリットは一人複数デバイス利用の時代においては必然的なことなのではないかと感じています。

唯一デメリットを挙げるとすれば、メールアカウントのパスワードが盗まれた際には最悪な事態が想定されます。ただ、これはPOP受信していても同じだと思いますけどね。

ちょっと考え方を変えればPOP受信を辞めた時の方がメリットが大きいと感じる人が多いのではないかと思います。

クラウド時代にはクラウド時代に合うメール利用の仕方というモノがあります。POP受信は今や過去の受信方法であり、メールと言うツールを今の時代に合った利用方法を考えて使うことが一番大切なのではないでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です