まだ間に合うWindows10無償アップグレードでCortanaを!2017年12月31日が最終期限!

Microsoft Windows

スポンサーリンク

Pocket

Windows10の無償アップグレードは昨年7月で一度打ち切りになっていますが、実はまだアップグレードは可能です。一時は勝手にWindows10へアップグレードされることで企業によっては業務に支障をきたすような事態になっていたこともありました。

このWindows10ですがリリース当初は色々な不具合が発見され、結構問題になりましたが大分改善されてきています。基本的にOS「オペレーションシステム」は可能な限り最新のモノを利用することをお薦めします。

ちなみにWindows10のバージョンアップの本当の最終期限は2017年12月31日となります。このバージョンアップは支援技術製品ユーザーであることが条件となります。基本的には大丈夫だと思いますが、英語版になりますがサイトにて各自で確認をしてみて下さい!

スポンサーリンク

Windows10にバージョンアップするわけ!

理由は色々あるのですが、一番大きな点はセキュリティ対応が一番大きな問題となります。いずれMicrosoftがサポートを打ち切りしたバージョンのWindowsではセキュリティソフトも対応されなくなっていきます。勿論、市販されているようなソフトウェアも同様な事が言えます。

無料でバージョンアップできるのであれば、可能な限り対応するべきです。しかし、特殊な業務用アプリケーションを利用されている場合にはバージョンアップを断念するしかないこともあります。このケースは基本的に企業の話なので、個人で持っているWindowsパソコンにおいてはバージョンアップ対応であるモノに関してはやる方が賢い選択と思います。

ただし余りにもスペック不足のハードでは厳しいかもしれません。ソコは注意が必要となります。

「Cortana」を体験してみてはどうだろうか?

MicrosoftのWindows10には「Cortana」という機能があります。これはiPhoneで言うところの「Siri」と同じようなモノでしょうか?

Microsoftのページで確認すると以下のような説明があります。

Cortana はデジタル エージェントです。 作業を進める手助けをしてくれます。

Cortana を使えば使うほど、ユーザー エクスペリエンスがより個人向けにカスタマイズされます。

なるほど~っと思いますが未だ私は利用したことがありません。(〃艸〃)ムフッ

一つの人口知能のようなモノなのだろう。

「Windows8」よりは安定感がある!

今の「Windows10」は「Windows8」と比較してしまうとかなり良くなっていると感じます。「Windows7」から「Windows8」になった時は誰もが最悪なOSと思ったこと間違いないと思います。しかし今の「Windows10」ですが使い勝手も「Windows7」に近づき、「Windows8」で悪評であったものは改善されていると感じています。

ただし「Windows Live Mail」や「Windowsムービーメーカー」が公式サイトからインストール出来なくなったのは残念な点です。

「Windows Essentials 2012の配布・サポート終了にともない、2017年1月10日にサポートと配布を終了している」

正直Windows10標準のメーラーは使いづらいです。恐らく「Microsoft Office Outlook」を利用する方が良いかもしれません。

完全にクラウドを意識したOSです!

今やクラウド時代突入!何でもネット上に保存する時代です。スマホとPCのデータ連携を考慮するとネットを介してデータ共有は有効な手段です。「Windows10」ではそのような点に力を入れた安定バージョンであると感じています。「Windows8」の失敗を克服したバージョンと言っても過言ではないでしょう。

きっと「WindowsXP」や「Windows7」ではネット時代の波に追いつけなかったのでしょう。そこに登場したのが「Windows8」ですが最悪なOSとしてレッテルを貼られ「Windows10」のリリースが早まったのでしょう。

だからこそ「Windows10」は安定しているように感じます。恐らくこのWindowsバージョンは「WindowsXP」のように長期間のモノになるような気がします。2015年7月29日にリリースされ登場して2年経過しています。

もう2年も経過している。時が過ぎるのが速いですね。

支援技術製品ユーザーであることの条件と「Windows10」へのバージョンアップ条件を満たすパソコンについては出来る限り最新のOSにアップグレードしておきましょう!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です