ロリポップでWordPressサイトをhttps化したことによる影響

Qualty

スポンサーリンク

Pocket

https化」して約1週間近く経過しただろうか?今回はレンタルサーバーである「ロリポップ!」で「https化」した訳だが、どのように行ったかは「自分のサイトを守るためにもサイトのhttps化する方法ーロリポップでhttps化は無料で簡単にできる」を参考にして貰いたい。「https化」後、大きな影響はさほどなかったが、数点ばかり不具合も含め発生したので、今回はそのことについて紹介したいと思う。

スポンサーリンク

「https化」したことによる影響

通常であればセキュリティが担保される為、良い事だけなはずなのだが、やはり「https化」すると一番大きな点は別サイトとして認識される点が大きい。「http://」と「https://」は別サイト扱いなのだ。例えば既にブックマークされていた場合に関しては、「http://」へアクセスしようとするのである。当たり前と言えば当たり前の話なのだが、当サイトはまだ立ち上げたばかりのサイトであるので気を遣うことはしてない。しかし、長くサイトが運営されていた場合に関しては、「http://」でアクセスしてきたものを自動で「https://」へジャンプするように設定しておくことが良いのかもしれない。完全に別サイトであるということ自体が影響度が大きかった。また、セキュリティ化されたことによるソーシャルリンクの一部が上手く機能しないことも発覚した。それではどんなことが起こり対処していったかを次に記載していきたいと思う。

発生事象と対処方法

  • 「Twitter」連携でアイキャッチ画像がTwitter側に表示されない現象が発生。「Facebook」ではそのようなことはなかった。この解決方法であるたルートフォルダに「robot.txt」というものがあるが、ここの記載に次のような記載が必要となった。この記載をするとアイキャッチ画像が表示されていなかった既にされたツイートも画像が表示されるようになる。ここら辺はレンタルサーバーによってもデフォルトの設定がどうなっているか分からない為、実際に動作させてみないと分からないところである。
    User-agent: Twitterbot
    Allow: /images/
  • 「Google+」「はてなブックマーク」「Facebookシェア」で既にカウントされていた数値が「0」にリセットされてしまった。これに関しては、別サイト扱いなので仕方がないと言えば仕方がない。何せ記事自体が別サイト記事の扱いになってしまうのだから。その為、自分アカウント分だけでもシェアし直しを行った。

大きな発生した不具合および類似した症状はこんなところである。思ったより影響度は少なく、最初からこの現象が発生することが分かっていれば防ぐことが可能なものである。また、新規にサイトを立ち上げる際には、最初から「https化」しておくことをお薦めする。ある程度経過しサイトが軌道に乗り始めてからやるともっと影響が大きかった可能性はある。またサイトのアクセス数の変動に関しては、元々がすくないため参考になるかはわからないが、全く影響なかった。本サイトは構築して約1か月だが、右肩上がりにアクセス数が伸びてきている時に行ったが、「https化」後も継続して右肩上がりに増加している。そこら辺は気にしなくても問題はないようである。今のところはまだ「http://」でもアクセスできるようになっているのも要因だとは思います。そこら辺はもう少し様子を見ながら、完全移行していこうと考えています。

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!


年間920円(税抜)からの格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です