[ロリポップ]コンテンツキャッシュ機能でサイト表示速度改善!

表示速度計測

スポンサーリンク

Pocket

本サイトで利用しているレンタルサーバー「ロリポップ!」から4月5日に「【スタンダードプランで提供開始!】WEBサイト表示を高速・安定化するコンテンツキャッシュ機能【ロリポップ!】」というタイトルのメールを頂きました。

下記がそのメール内容です。恐らく私同様にスタンダードプラン契約者には同じお知らせが通知されているのではないかと思います。

ロリポップ!コンテンツキャッシュお知らせメール

お?WEBサイト表示の高速化?

本サイトは「ロリポップ!」のスタンダードプランで運営しております。そして有難いことに1日1万PV近くアクセスして頂ける日があることも出てきており、今後どうしようか悩んでおりました。

あと少しで1年の契約期間が終了してしまうんですね。

速度が速いと評判の「エックスサーバー」に移行しようか?「ロリポップ!」で同じプランで継続するか悩んでいたところに舞い込んできたお知らせです。

契約更新よりも新規契約の方が価格も安いんですよね。((´∀`*))

でもサイトの移行作業が結構面倒です。そして正直な話、「ロリポップ!」で困ったことがないんですね。Googleアナティスクで瞬間アクセス数が100を超えて時も耐えてましたよ。「ロリポップ!」の同時アクセス数制限履歴を見ても制限に引っ掛かるまで到達したことはありません。

高性能なレンタルサーバーも魅力的ですが、まだまだ「ロリポップ!」で十分じゃないですか。そして今回の「コンテンツキャッシュ機能」のサービス提供。

タイミングが良すぎます!早速、「コンテンツキャッシュ機能」の設定をしてみましたよ。

スポンサーリンク

コンテンツキャッシュ機能について

ロリポップ!」によるとコンテンツキャッシュ機能をWordPressで制作しているサイトの場合で24倍のパフォーマンス改善が見られるとのこと。

24倍って凄くないですか?

ちょろっと設定変更するだけで24倍パフォーマンス改善されるんですよ。コレは利用しないのは勿体無いと思います。

私も本日設定しましたのでメリットの恩恵を受けることしか考えていないのですが、もしかしたら何かに悪影響を及ぼす可能性があることも頭の片隅にでも入れておいた方が良いかもしれません。

キャッシュ機能とは実体データとは別に一時的にキャッシュしておくことで、データアクセスを早めるための機能です。だから記事を更新した時にスグにサイト反映されない可能性も出てきます。一度キャッシュした表示内容は10分程度保持するようです。それ位なら許容範囲かな?っと私は思っています。

コンテンツキャッシュ機能設定方法

ロリポップ!」でのコンテンツキャッシュ機能の設定はとても簡単です。ただ条件があります。説明ではWordPressのバージョンが4.9.4でのパフォーマンス比較されていました。

  1. ロリポップユーザー専用ページにログイン
  2. 下図の赤枠部分である「サーバーの管理・設定」-「コンテンツキャッシュ」をクリックします。コンテンツキャッシュ

  3. 下図の画面が表示されましたらコンテンツキャッシュ機能を利用したいドメインに対して赤枠部分の「OFF」から「WP」もしくは「静的」に変更します。WordPressサイトの場合は「WP」となります。コンテンツキャッシュ

たったコレだけで設定完了です。設定反映までには最大5分掛かるとのこと。

設定完了後は動作確認してみよう!

動作確認と言ってもサイトを表示させてみるだけです。

キチンと表示されるか?

とても大切なことです。あとは使っていて不具合が出てこないか?は数日間利用してみないと分かりませんね。もしかしたら使用しているプラグインやアフィリエイト広告の表示等に影響が出る可能性も否定は出来ません。

もし不具合が出たらコンテンツキャッシュ機能をOFFにして「キャッシュ削除」すれば良いんですよ。設定もスグに元に戻せるので安心です。

まとめると

コンテンツキャッシュ機能が利用できることは、「ロリポップ!」でスタンダードプランで契約されている方には朗報としか言いようがありません。

ちょっと設定変更するだけでWordPress4.9.4なら24倍のパフォーマンス改善。

サイトの表示速度で悩みがありましたら是非利用してみて下さい。もしかしたらあなたのサイトもパフォーマンス改善されるかもしれません。ちなみに本サイトは若干速度が速くなったような気がしています。

エックスサーバー」も魅力的ですが、「ロリポップ!」で限界を感じてからでも遅くないのではないでしょうか?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です